2009年10月18日

外国人参政権問題は安全保障問題

 マニフェスト選挙で勝った民主党政権。当の彼等がマニフェストで勝ったと考えているなら、粛々とそれを実行していればいいのだが、マニフェストに載らなかった、国民の審判を仰がなかった問題が先走ろうとしている。永住外国人の地方参政権付与法案が動き出した。

 内包する問題点が理解されにくい法案だが、国民の無関心も手伝って成立しようものなら、先々殆ど全ての国民が後悔することになるだろう。これは単なる権利・義務の問題ではない。鳩山首相は幹事長時代に、「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」と発言したが、当の日本人が追い出される事態にもなりかねない問題を抱えている、れっきとした安全保障問題である。

 法案自体が、憲法15条1項(公務員の選定・罷免を国民固有の権利としている)に抵触すること、在日韓国人が既に母国韓国の参政権を得ていて、二重に投票権を有することになる等、様々な問題点があるが、一番危険視するべきは、日本人が合法的に脇役であるはずの外国人に統治されることを許すところではないだろうか。地域によって外国人の割合が全く違う。国内コンセンサスのズレも起こりうる問題だ。

 特にそれが教育や防衛の問題に波及すると、本当にやっかいだ。言いたくはないが、壱岐対馬が韓国領だと言う人騒がせな人もいる。外国人といってもその多くは善人だが、一部に心ない人がいる限り、全体として信用してはいけない。個人同士意気投合しても、国家間に真の友邦は芽生えない。必ず国益を巡る駆引きやエゴが頭をもたげてくる。それが外国人に参政権を付与するリスクである。

 現場を離島に移そう。日本には離島が数多くある。そして多くの離島は人口が少ない。考えたくない話だが、周辺国、特に中国あたりが自国民(人民)を大挙どこかの離島に大量移住させたとする。そのとたん現地の日本人は少数民族だ。島の運営も流入した中国人を中心に考えられるだろう。中国は戦わずして影響力を拡大できる。

 いや、ついでに領土にしてしまうことも可能だろう。まず、日本国から分離独立宣言! 間髪入れずに今度は中国に宣戦布告! 数時間と間を置かず、仕上げは中国に無条件降伏! これで島はきれいさっぱり中国領! これを繰り返すと、東シナ海のガス田や周辺海域に眠るメタンハイドレード・マンガン団塊を労せずして手中に収める格好だ。

 少し冗談が過ぎたが、中国は全体主義国家にして覇権主義国家。これくらいはやるかもしれない。メディアもこの問題に触れるべきだが、リベラルなのか、それともこの問題では視聴率が稼げないと考えているのか、不思議と報道量が少ない。
 民主党に可能性を感じている人は多いだろう。僕もその一人だ。だから、しっかりマニフェストを実行することだけ考えて、余計なことはしないで欲しいものだ。インデックスに載っているからといって、それをそのまま実行しなくていい。ただでさえ忙しいだろう。

 僕等が安心して暮らせる社会。心から願う……そんな社会を作って欲しい。

応援して頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ


posted by coco太郎 at 23:30| Comment(1) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
断固阻止!
Posted by deliciousicecoffee at 2009年10月30日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

公明が外国人参政権法案を独自提出へ韓国大使に表明・李明博大統領など大変に感謝している・10月3日に信濃町の公明党本部に出向いて怒りの抗議をした日本国民を愚弄・日本国憲法に違反する外国人参政権付与
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 10月3日、公明党本部前で外国人参政権付与に反対する約300人の日本国民が怒りの抗議...
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2009-10-30 08:08


最強のビジネスツールiフォンはソフトバンクオンラインショップから。

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。
相互リンクについて
相互リンクして頂ける方は、以下をご覧ください。
ジャンルにこだわらず相互リンク大歓迎ですので、アクセス数がまだ少ない・・・など気にせずお気軽にお申し込みください。
ただし、まことに勝手ながら、。
1.アダルト関係のサイト様。
2.オンラインカジノ関係のサイト様。
3.犯罪関係のサイト様。
4.その他管理人が不相当と判断したサイト様。
とは相互リンクできません。ご了承ください。
相互リンク申し込み手順
1.まず、そちらからリンクを張ってください。
2.リンク設置後、本ブログ右最上段に設置してある相互リンク募集よりご連絡ください。この時、忘れずにあなたのサイトの情報を記載してください。
3.リンク設置確認後、こちらからもリンクを張らせていただきます。
当サイトの情報
サイト名 微弱電波
URL http://bijakudenpa.seesaa.net/
紹介文 日本のジャーナリズムにささやかな抵抗を試みる。微弱電波の力を借りて・・・。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。